シズカゲルとシミトリーを比較しました

シズカゲルとシミトリーを比較

シミトリーは口コミサイトでも人気の薬用美白オールインワンジェル。

 

シズカゲルと同じくこれ1つで美白ができるので、シズカゲルとシミトリーはどちらを買ったほうがいい?と悩む女性もとても多いです。

 

そこで、シズカゲルとシミトリーの特徴や成分、価格を比較しどちらのほうがより優れた美白オールインワンなのか、徹底調査しました!

 

シズカゲルとシミトリーの比較表

シズカゲル シミトリー
初回価格 2,980円 3,685円
2回目以降価格 2,980円 3,981円
返金保証制度 30日間 14日間
役割 5役 9役
特典 なし 日焼止めクリーム
継続縛り なし なし
無添加 7つ 7つ

配合成分の違い

シズカゲルとシミトリーの配合成分を比較してみました。

シズカゲルの全成分

シズカゲル

【有効成分】アルブチン【その他成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-0-エチルアスコルビン酸、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、ユキノシタエキス、マロニエエキス、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、1.3-ブチレングリコール、トリイソステアリン酸グリセリル、硬化ナタネ油アルコール、1.2-ペンタンジオール、精製水、アクリル酸・メタル酸アルキル共重合体、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

シミトリー全成分

シミトリー

【有効成分】アルブチン 【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3−O−エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N−ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2−ペンタンジオール、1,3−ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

皆さんお気づきでしょうか?この二つ、どっちかが真似て作った!?というくらい、配合成分がほぼ同じです。

 

シズカゲルとシミトリーはどちらもアルブチン×フラバンジェノールの相乗効果でシミを撃退するのが強みです。

 

配合成分に関しては、ほぼほぼ同じなので、得られる美白効果に関しては大きな差はないと言えそうです。

購入価格

女性とお財布

配合成分に違いがない二つですが、購入価格に関しては大きな開きがあります。

 

まずシズカゲルは無駄な広告費をカットし価格を抑え、初回2,980円(税込み)、2回目以降も同じ価格です。

 

一方、シミトリーは初回3,979円で、2回目以降はさらに高くなります。

 

どちらにも継続縛りはありません。

 

この二つの購入価格を比較すると、1ヶ月あたり約1,000円ほどシズカゲルのほうがお得に購入できます。ちなみにどちらも内容量は60gなので、単純にコストだけを考えるとシズカゲルのほうがお得に購入できます。

 

返金保証制度の違い

シズカゲルにもシミトリーにも返金保証制度がついています。

 

シズカゲルは30日間で、シミトリーは14日間です。

 

日数を比較すると半月分の違いがあるので、じっくりと使って肌の状態を確かめたい、という方はシズカゲルのほうが向いています。

特徴の違い

女性

シズカゲルとシミトリーのそれぞれの強みとして挙げているのはシズカゲルは「シミ、ソバカス、乾燥小じわ、毛穴の開き、たるみ、黒ずみ」の多角的ケアで、シミトリーは「シミ、ソバカス、乾燥小じわ」のケアです。

 

また、シズカゲルはこれ一つで5役で、シミトリーはこれ一つで9役こなします。

 

ただ、

ほぼ配合成分が同じなので「どれだけ肌をケアしてくれるか、また何役こなすかはほぼ変わりがない」と考えられます。

 

この二つの大きな違いは、販売会社の違いによる価格チューブタイプかジャータイプかの違いと言えるでしょう。

 

チューブタイプが嫌いな方はジャータイプのシミトリーのほうがいいですが、内容が同じなら値段が低いほうがいい!といった方はシズカゲルがおススメです。

 

自分の好きなほうを選択してくださいね!

 

シズカゲル購入ボタン入

 

シミトリー購入ボタン

 

シズカゲルの口コミ・効果※シズカゲルの口コミと効果写真を公開 トップページへ戻る