シズカゲルとナノクリアを比較

ナノクリアはすっきりフルーツ青汁を手掛けるファビウスから誕生した高浸透オールインワンエマルジョン。

 

この二つはどちらも東洋新薬さんとの共同開発で誕生したオールインワンです。

 

シズカゲルが気になる方は同時にナノクリアも気になり、どっちのほうが良い?と悩まれる方も少なくありません。

 

そこでここではシズカゲルとナノクリアをそれぞれ比較してみました!

 

シズカゲルとナノクリア比較表

シズカゲル ナノクリア
配合成分

アルブチン
フラバンジェノール
ビタミンC誘導体
10種の天然由来成分
etc

フラーレン
グルコノバクター
パルミチン酸アスコルビンリン酸Na
PCA-Na
リンゴ果実培養細胞エキス
水溶性プロテオグリカン
シアバター
etc

初回価格 2,980円 980円
2回目以降価格 2,980円 4,980円
継続縛り なし 4回
無添加 7つ 6つ
返金保証制度 30日間 なし
テクスチャー クリーム系 乳液系
内容量 60g 50ml

シズカゲルとナノクリアの違い

配合成分の違い

シズカゲルとナノクリアは似ているようなオールインワンですが、実は配合成分が全く異なります。

 

シズカゲルは「美白ケア」を目的としたオールインワンで有効美白成分のアルブチンに加え独自成分フラバンジェノールを配合しています。

 

この二つの成分の相乗効果で高い美白効果が期待できるのが特徴です。

 

一方、ナノクリアは美白よりも「高保湿」を目的としたオールインワンです。

 

肌の美肌菌に着目し、フラーレンや水溶性プロテオグリカンなど保湿・美肌に欠かせない贅沢な美容成分を凝縮しています。

 

特にリンゴ果実培養細胞エキスは抗酸化作用が強く、アンチエイジングに嬉しい成分です。

 

それぞれの成分を比較すると、自分は美白効果が何よりも欲しい!という方はシズカゲル、肌の乾燥、ゴワつきが気になる!という方はナノクリア派と言えそうです。

テクスチャーの違い

シズカゲルはどちらかというとこってりとしたクリーム。

 

ナノクリアは乳液に近いテクスチャーです。

 

どちらもベタ付きはなく、塗布してすぐに球状ラメラ構造の成分が肌に浸透して保湿をキープしてくれます。

 

さっぱり系が好きな方はナノクリア、こってり系が好きな方はシズカゲルのほうがそれぞれテクスチャーは好みです。

価格の違い

毎日使用するものだから毎月かかるコストも気になりますよね。

 

シズカゲルは初回が2,980円で2回目以降もずっと同じお値段です。

 

また、継続縛りがないのでいつでも自分の好きなタイミングで辞めることが可能です。

 

一方、ナノクリアは初回が980円ととっても安いがの魅力的ですが、2回目以降は4,980円と値上がりし4回の継続がお約束です。

 

つまり、シズカゲルは毎月かかるコストは約3,000円。ナノクリアは毎月かかるコストが約5,000円なので月々2,000円の差が出てきます。

 

できるだけコストを抑えたいな…という方はシズカゲル派と言えそうです。

返金保証制度の違い

肌に合わなかった時に返金してもらえる返金保証制度。

 

これは敏感肌の方には嬉しい保証です。

 

シズカゲルには30日間の返金保証制度が用意されていますが、ナノクリアには返金保証制度がありません。

 

ナノクリアを定期コースで購入して万が一肌に合わなかった場合でも4回継続しなければいけないので、不安な方は単品購入したほうが良さそうですね。

 

オールインワンはこれ1つでスキンケアが済むように、と豊富に成分が凝縮されています。

 

なので、その分アレルギーが出やすいのがデメリットです。

 

どちらも敏感肌の方が使えるほど肌に優しい成分でできていますが、肌荒れしやすかったり他のコスメを使って副作用が出たことがある方はシズカゲルを購入したほうが安心と言えそうですね。

シズカゲルとナノクリア比較まとめ

シズカゲルとナノクリアの大きく異なる部分を見てきましたが、いかがでしたでしょうか!?

 

この二つはよく比較されますが、似ているようで大きく異なるオールインワンです。

 

最終的にやっぱり顔中のシミが気になってどうにかしたい!という方はシズカゲル、肌の乾燥が何よりも気になる!といった方はナノクリアが合っています。

 

配合成分、テクスチャー、価格、返金保証制度等が異なるので、自分が気に入ったほうを選んでくださいね^^

 

 

シズカゲル 購入

 

 

 

シズカゲルの口コミ・効果※シズカゲルの口コミと効果写真を公開 トップページへ戻る