シズカゲルは肝斑にも効果はあるの?

シズカゲル 肝斑

シミ同様、大きな悩みに挙げられるのが肝斑です。

 

肝斑は左右対称に「頬」や「目の下」あたりにシミが集中してできるのが特徴で、普通のシミとは異なり少しやっかいなシミです。

 

シミは紫外線の影響でできるのに対し、肝斑はホルモンバランスの影響でできてしまいます。

 

そのため日頃からストレスを大きく感じていたり、ピルを飲んでいる方は肝斑ができやすい傾向があります。

 

肝斑は特に30代から40代の女性に多く発症します。

肝斑のチェック項目

30代〜40代で突然シミができた

頬骨に沿って両側に左右対称に広がっている

紫外線対策、ビタミン補給をしているのに効果がない

ストレスを感じることが多い

 

これらの項目に当てはまる方はシミだと思っていたものが肝斑の可能性もあります。

肝斑の治療

一般的に肝斑の治療はトラネキサム酸の内服薬が使われることが多いです。

 

これはトラネキサム酸ビタミンCの内服薬が肝斑に最も効果的であることがわかっているからです。

 

さらに外からはハイドロキノン配合の化粧品かクリームでケアします。

シズカゲルは肝斑への効果は期待できる?

シズカゲルには美白成分が配合されていますが、ハイドロキノンは配合されていません。

 

ただし、ハイドロキノンは漂白剤ともいわれる美白成分で、刺激が強いのがデメリット部分です。敏感肌の方がハイドロキノンを使用すると肌が荒れる可能性が高いのでオススメはできません。

シズカゲルの成分を見る限り、肝斑を治療するというよりも、肝斑が出てこないように外側からケアするための美白化粧品として使えると言えます。

 

すでにできた肝斑の治療ではなく、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐオールインワンとして使用すると良さそうです。

 

また肝斑は紫外線対策も重要なので、紫外線を浴びないように日焼け止めクリームや日焼け止めサプリメントを飲んでしっかりとケアすることも大切です。

 

シズカゲル 購入

 

 

シズカゲルの口コミ・効果※シズカゲルの口コミと効果写真を公開 トップページへ戻る