日中にできる紫外線対策

紫外線

シズカゲルを使ってシミを予防しても、普段紫外線をガンガン浴びていればシズカゲルの効果は半減し、シミも出来やすくなってしまいます。

 

シズカゲルを使ってシミ対策をしたい!という方はシズカゲルを使うのと同時に、日中シミの原因となる紫外線対策もしっかりとして欲しいと思います。

 

紫外線は夏だけではなく1年中降り注いでいます。面倒ですが、1年通して紫外線を意識して対策することが大切です。

 

ここでは日中できる紫外線対策をご紹介します。どれも簡単な方法なのでぜひ取り入れてみてください!

スキンケアの後に日焼け止めを使用する

日焼け止めクリーム

紫外線対策の基本ですが、毎日日焼け止めの使用はマストです。

 

UV-Aは紫外線の中でも真皮層まで届いてコラーゲンを破壊し、しわやたるみなの原因を作ります。また肌表面に届き炎症を起こすUV-Bはメラノサイトを刺激してシミやそばかすを作ります。

 

紫外線は室内にいても届くので、外出しない日でも必ず日焼け止めは塗るようにしましょう。日焼け止めは2時間〜3時間おきに塗りなおすようにしてください。

 

日焼け止めを塗るのが面倒!という方はUV効果がある下地、ファンデーションを使ってくださいね。

紫外線が強い時間帯の外出自は日傘・帽子を使う

紫外線対策

紫外線は朝の10時から夕方16時頃が最も強く降り注ぎます。子どもを公園に連れて行く、用事があって外出する場合、ほとんどの方がこの時間帯に外出されると思います。

 

この時間帯に外出する時はいつも以上に紫外線対策を徹底しましょう。

 

日傘を使う、帽子をかぶる、サングラスをかける方法が効果的ですが、これらの方法は太陽からの直接の紫外線は防げますが、大気中で散乱している紫外線までは防ぐことはできません。

 

この他にも紫外線を避けるために袖や襟のついた衣服で肌を覆ってください。

シミ予防に良い食材を摂る

美容食材

毎日の食事で、美味しいごはんを食べながら体の内側からシミ対策ができれば一石二鳥ですよね。

 

一度できたシミは体の内側からシミに効果的な栄養素を食べて対策をしていきましょう。

 

シミの原因となるメラニン生成を抑える栄養素として抗酸化作用がある成分を摂ると理想的です。抗酸化作用が期待できる成分はビタミンE、リコピンなどです。

 

抗酸化作用をもつ栄養素が豊富な食材

・トマト
・にんじん
・ブロッコリー
・ほうれん草
・かぼちゃ
・玄米
・発酵食品

 

特にトマトはビタミンEが豊富なのでアンチエイジングに嬉しい食べ物です。

 

これらの食材をクックパッドで検索すれば美味しいレシピが出てくるので、1つのメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

シズカゲルを使って美肌を目指すなら、日中もシミ対策を意識すると自分が欲しかった肌を手に入れられる日が近づきます^^

 

シズカゲルの口コミ・効果※シズカゲルの口コミと効果写真を公開 トップページへ戻る